数ある青汁のなかで、何故ふるさと青汁が長年選ばれているのか

市場に出回っている多くの青汁の主な原料がケールであるのに対し、ふるさと青汁は八丈島で古くから健康食の代名詞として島民に愛されている明日葉を使用しているのが特徴です。

 

明日葉に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維、ビタミン類はケールに比べても栄養価が高く、特に明日葉の根っこや茎を切ると断面から溢れ出てくる黄色い汁は、
「カルコン」と呼ばれる貴重なポリフェノールの一種の成分で、他の野菜には無い貴重な栄養素がたっぷりと含んでいます。

 

厚生労働省が提唱する成人が1日に食べる野菜の量は350g以上ですが、ほとんどの人がこの量を摂取できておらず、野菜不足による体の不調や美容のトラブル、
便秘などのトラブルを抱えているのが現実です。

 

だけどふるさと青汁には少量の粉末でも1日分を十分に補えるほどの栄養素がたっぷり。

 

主に食物繊維やカリウムや含有量は他の代表的な野菜よりも飛びぬけており、飲み続ける事によって比較的早い段階でその効果を実感する事ができるのです。

 

 

・ふるさと青汁の「短期間実感」のヒミツ

 

ふるさと青汁が他の青汁と違うところは短期間で効果を実感できるという事です。

 

そのヒミツには明日葉特有の成分であるカルコンの巡りをよくするという力が大きく関わっています。

 

体のあらゆる巡りが悪くなった部分の流れをスムーズにする事によって吸収した栄養素を活用し、
不要物はどんどん排出していくという作用があるのです。

 

それ以外にも体の余分な水分を排出してくれるカリウムが顔太りや水太りの解消をし、食物繊維がお腹の調子を整えるなど明日葉の主成分が
3つ合わさってより高く、そして短期間で効果を実感できるので他の青汁との違いは明らかです。

 

体に必要な栄養素を補給し、不要な物を排出するという体本来の働きをスムーズにする事によって健康になれるだけでなく美容やダイエット効果も高いので、
なかなか落ちない体重が早いペースで面白いほど減っていくと言うのも嬉しい効果として多くの声が上がっているのです。